ペディキュアについて

ペディキュアについて

ペディキュアとは足の爪にネイルをする事です。

 

夏になるとサンダルや爪先が開いたヒールを履く機会が増えるので、
手だけじゃなく足のネイルを楽しむ人も増えます。
 

 

ではペディキュアの施術をしてもらう時の注意点を紹介したいと思います。

 

ネイルサロンでも履物を用意しているケースもありますが、
基本的に爪先が開いた履物をはいてくるようにして下さい。
ネイルは施術後乾かしますが、完全に乾くには24時間かかると言われています。

 

そのため乾いていない状態で爪先が開いてない履物をはいてしまうと、
ネイルがよれてしまったり剥がれる原因になってしまいます。

 

せっかく時間とお金をかけてペディキュアしてもらったのに、
施術した日にデザインが崩れたら悲しいですよね。

 

またマナーとしてペディキュアの施術をしてもらう前に足を綺麗に洗っていきましょう。

 

そして足の場合は靴さえ履けば人目につかないという事もあり、
爪が伸びても放置してしまう事が少なくありません。

 

しかし見た目だけの問題ではなく、
剥がれかけのネイルをそのまま放置しておくと爪が傷んでしまう原因になります。

 

また場合によっては爪の病気になる可能性もあるので、
必ずネイルオフをしてもらいましょう。

 

手と足とお揃いのネイルをしてもらいたいという場合なら、
予約時に相談してみましょう。

 

手のネイルの施術が終わってからペディキュアの施術だと、
それぞれ2時間だとしても4時間の施術時間になります。

 

手足を2人のネイリストに同時に施術をしてもらうと
半分の施術時間ですみます。